笠岡を走りまくる掲示板
[HOME・えいちゃん笠岡を走りまくる] [留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理者にメール] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

福武家住宅 投稿者:killy 投稿日:2017/11/20(Mon) 21:01 No.1744  
大庄屋の邸宅で、修復にも一千万をはるかに超える自己負担が必要で、全国では維持できずに取り壊される家もあるそうです。
8枚目の写真、庭園内のヒノキの大木から奥が後世(当主は明治時代と説明されました)に広げた庭園だそうです。江戸期には塀があったそうです。
植栽が大きくなり前後の庭園の時代差があまり感じられなくなりましたが、借景の弥高山が見づらくなりました。


Re: 福武家住宅 えいちゃん - 2017/11/24(Fri) 18:47 No.1745  

初めて福武家住宅の長屋門をくぐり、邸内の住居や庭園を拝見しました。
矢掛や神辺の宿場町の本陣とは違った趣を感じました。
全国に残る古い町並みも、ごく一部の区域や住宅は文化財に指定されたり、観光で守られていますが、残りの99.9%は静かに消えているのがさみしい現実ですね。


野宮橋 投稿者:ファン 投稿日:2017/11/10(Fri) 09:03 No.1742  
You Tube でアップされています
「高梁川流域百選(20)小田川の流れ橋」(矢掛町江良)
機会がありましたらご覧ください


Re: 野宮橋 えいちゃん - 2017/11/13(Mon) 05:40 No.1743  

ご案内の動画拝見しました。きれいな風景と、それを守る地域の方々の熱意が伝わります。
当HPの2017年10月3日ページに(無断ですが)リンクしました。


鞆の浦・重伝建に選定 投稿者:killy 投稿日:2017/10/24(Tue) 07:00 No.1740  
鞆の浦が重伝建に選定されることは、全国から待望されていたので祝福されています。
市長が変わり、文化財行政が変わってきているようですね。


Re: 鞆の浦・重伝建に選定 えいちゃん - 2017/10/29(Sun) 05:59 No.1741  

近年選定される重伝建地区は、”重”でなく”軽”でしたね。久々に名に相応しい地区だと思います。
橋の計画中止や市長交代で、なんとも政治的な決着です。


野宮橋のヒガンバナ 投稿者:killy 投稿日:2017/10/04(Wed) 21:07 No.1736  
わざわざお越し頂きありがとうございます。
今年は猛暑の影響か、右岸の見どころに花が咲かなかったのが心残りです。他の草刈りをしたカ所は計算通りに咲きましたので来年に期待します。
シーズン前ですが、富有柿も二回り小粒な気がします。


Re: 野宮橋のヒガンバナ えいちゃん - 2017/10/06(Fri) 07:38 No.1737  

野宮橋の周辺は草がきれいに刈り取られ、killy様たちの労苦を思いながら観賞しました。
小田川の流れと、低い流れ橋の景観は、そこに居るだけで落ち着けます。


祝・「高梁川流域百選」 えいちゃん - 2017/10/22(Sun) 06:31 No.1738  

今朝の山陽新聞で、「備中ひと・風・景」に野宮橋が大きく掲載されています。
美しい景観と共に、killyさまたち地元の方の日頃の努力や、橋によせる思いが読む方にも伝わってきます。
この記事を機に、流れ橋・野宮橋への関心がいっそう地域や行政に高まることと、
渡る人・見る人が増えればいいですね。


Re: 高梁川流域百選 killy - 2017/10/22(Sun) 08:13 No.1739  

ありがとうございます。
この記事で、みなさんが地域を守ることに関心を持ってくださればと願っています。

先日のラーメン「「おっつあん」は、15年くらい前に知りました。店が道路沿いになくて、5回以上探し1カ月かかりました。
「一品香」は、900円くらいのメニューを注文したら長男から「おとうさん、ここはそういう物を注文するところではない。空気を読め」


ヒガンバナ 投稿者:killy 投稿日:2017/09/20(Wed) 11:16 No.1734  
野宮橋は先日の台風18号で流出中です。10月8〜9日が秋祭りですから、それまでには復旧すると思います。
ヒガンバナは、今年は咲くのが1週間遅いようです。
流れ橋を見たことがない人は「わざわざ流れる橋を造っているのか?」と不思議がります。


Re: ヒガンバナ えいちゃん - 2017/09/23(Sat) 17:34 No.1735  

若い人の中には、流れ橋を不思議と思う者も多いのでしょうね。
江戸末期の篤姫は、橋が無いので川を担がれて矢掛本陣に渡り、
昭和では、井笠鉄道は橋を造る資金が無く川の手前(矢掛の手前)が終着駅でした。
日本のどこの町でも村でも、近年まで鉄やコンクリートの橋は滅多に無(鉄橋くらい)かったです。
そのことや時代を、あっさりと、忘れ去られているようで残念です。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

NO: PASS:


無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/ジゴロウぬいぐるみ
original:KENT