リドリー・スコット掲示板
ブラックホークダウン・アスキーアート」と「キングダム・オブ・ヘブン website」の共用掲示板です。
その他のリドリー・スコット監督作品の話も含め、ご自由に書き込みどうぞ。
[ゲーム攻略サイト] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
名前
投稿キー(投稿時 を入力してください)
タイトル
メッセージ
暗証キー (英数字で8文字以内)

チャイルド44、エクソダス 投稿者:BHDAA 投稿日:2013/03/16(Sat) 16:47 No.395  
リドリー・スコット製作、ダニエル・エスピノーザ監督で製作予定の「Child 44(チャイルド44)」の話が進んでいるようです。
トム・ハーディとノオミ・ラパスの共演になるっぽいです。
トム・ハーディは「ブラックホーク・ダウン」、ノオミ・ラパスは「プロメテウス」出演で、リドリー作品出演者が起用されてますね。

「The counselor(ザ・カウンセラー)」製作中のリドリー・スコットの監督予定作品として、「Exodus(エクソダス)」(=出エジプト記)の噂が浮上してきています。
前にも話が出た、聖書のモーセの映画化で、クリスチャン・ベイルがモーセを演じるかもしれないそうです。
リドリー作品にクリスチャン・ベイルが出演したことはまだ無いので、実現したら面白いですね。


キャスティングに関して 投稿者:BHDAA 投稿日:2013/01/27(Sun) 11:58 No.394  
リドリー・スコットの新作「The counselor」の全米公開日が、11月に決まったみたいです。
「プロメテウス」に続いて出演するマイケル・ファスベンダーを中心にして、ブラッド・ピットやハビエル・バルデムなど面白いキャスティングなので、早く観たいです。

キャスティングに関して、リドリー・スコット制作のTV歴史ドラマ「World without end」の短いインタビュー(英語)を見つけたので紹介します。
予告編 http://www.youtube.com/watch?v=vN6mrDHBgLc
インタビュー http://insidemediatrack.com/2013/01/ridley-scott-talks-c4-drama-world-without-end/
後半のインタビューから一部抜粋して紹介しますが、リドリー曰く、
「私はいつも新顔を探している。主役であっても。シガニー・ウィーバーは真新しかったし、ノオミ・ラパスも西側映画現場では真新しかった。新顔を抜擢することは、出資者に良いアイディアだと説得しなければならないから難しいこともあるがね。」
だそうです。確かに、リドリースコットのキャスティングでは新顔を重要な役に選ぶ事が多いと思います。
ということで、新顔抜擢の主立った例を紹介したいと思います。

「エイリアン」→シガニー・ウィーバー
「レジェンド」→トム・クルーズ
「テルマ&ルイーズ」→ブラッド・ピット
「白い嵐」→ライアン・フィリップ
「G.I.ジェーン」→ヴィゴ・モーテンセン
「グラディエーター」→ホアキン・フェニックス
「ハンニバル」→ジュリアン・ムーア
「ブラックホーク・ダウン」→エリック・バナ、オーランド・ブルーム、トム・ハーディ
「マッチスティックメン」→アリソン・ローマン
「キングダム・オブ・ヘブン」→エヴァ・グリーン
「プロヴァンスの贈りもの」→マリオン・コティヤール、アビー・コーニッシュ
「アメリカン・ギャングスター」→ジョシュ・ブローリン
「ワールド・オブ・ライズ」→ゴルシフテ・ファラハニ
「プロメテウス」→ノオミ・ラパス

ちなみに、ノオミ・ラパスはローリング・ストーンズの新曲「Doom and gloom」のPVに出演していて、ヌードも見せて(黒塗りされてますが)います。
Doom and gloom http://www.youtube.com/watch?v=4Fn8BQPBir0


Coca cola polar bear 投稿者:BHDAA 投稿日:2013/01/03(Thu) 19:53 No.393  
リドリー・スコットの制作会社のプロデュースで、コカコーラのキャラクターのポーラーベアの短編アニメが発表されています。
リドリー・スコットがアニメに関わるのはかなり珍しい感じです。

http://www.youtube.com/watch?v=WtxJft7B2ts


The Vatican 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/12/22(Sat) 15:36 No.392  
アメリカのテレビ局Showtimeが製作予定の「The Vatican」というテレビ・シリーズの監督を、リドリー・スコットがやるという話が出ています。
カトリック教会内の政治的陰謀などを描いたドラマらしいですが、他の映画製作の予定なども詰まっているので、これを監督する時間はあまり無い様な気がします。
あるとしたら、「ザ・カウンセラー」と次の映画の合間でしょうか。監督というよりプロデューサーとして関わる可能性の方が高いと思います。

プロデュースつながりですが、リドリー・スコットのCM制作会社RSAが、Lady Gagaの香水「Fame」の短編イメージビデオを作っています。
監督はスティーブン・クラインという人です。ダークでシュールな映像が面白いです。

Fame
http://www.youtube.com/watch?v=GRaC0C27TZs


必見10作品 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/12/02(Sun) 10:09 No.391  
11月30日がリドリー・スコット監督の誕生日で、75歳になりました。
とあるサイトで誕生日記念ということで「リドリースコット必見10作品」があったので紹介します。
http://interactives.wivb.com/photomojo/gallery/5277/1/10-must-see-ridley-scott-movies/
ポスター紹介だけですが、横に宣伝文句の紹介もあります。
「エイリアン」のIn space no one can hear you scream.(宇宙ではあなたの悲鳴は誰にも聞こえない)などは有名ですが、
「デュエリスト」のFencing is a science. Loving is a passion. Duelling is an obsession.(剣術は科学、愛は情熱、決闘は執念)や、
「ブレードランナー」のMan has made his match... now it's his problem. (人間は人間に匹敵するものを作り…今はそれが厄介な問題になっている)なども興味深いです。

作品数は少ないですが、リドリーのフィルモグラフィー紹介的な動画もあったので紹介しておきます。
http://vimeo.com/54602408


Forever war 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/11/29(Thu) 23:31 No.390  
以前に監督予定作品として噂になった、ジョー・ホールドマンの小説「Forever war」(邦題「終わりなき戦い」)の映画化の話ですが、最近になってダンテ・ハーパーという人が脚本化のために採用されたそうです。
この人は、ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ主演で公開予定の「All You Need is Kill」(桜坂洋の小説の映画化)の脚本家です。
「プロメテウス」の続編や、「ブレードランナー」の続編的映画など、リドリー・スコットのSF映画案がここ最近盛り上がってきています。
2010年代は、もしかしたら半分ぐらいSF作品が占めるかもしれません。
個人的には「Forever war」というタイトルは、リドリーのフィルモグラフィーを象徴するようなタイトルに感じられて好きです。
「過去」も「現在」も「未来」も、リドリーワールドでは、争い・闘い・戦争が起こっています。

SF映画以外では、リドリー・スコット監督は最近のインタビューでも「ダークな西部劇をやりたい」と言っています。
コーマック・マッカーシーのグロ西部劇「ブラッド・メリディアン」の映画化は頓挫したかもしれませんが、代わりに同作家の「ザ・カウンセラー」を映画化する事で気が晴れたかもしれません。
その他の西部劇の監督予定作品として、数年前から「The color of lightning」というタイトルが噂されています。
黒人が主人公の西部劇だそうですが、もう一人白人の重要人物がいて、リドリー作品おなじみの「ツイン主人公」になりそうな感じです。


リドリー映画ミックス映像 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/11/06(Tue) 20:30 No.388  
リドリー作品ミックス映像を発見したので、紹介します。

http://vimeo.com/52047886

「少年と自転車」から「プロメテウス」までの全作品で、BGMはBHDのエンディングのミンストレルソングです。


プロメテウスのDVD,BR 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/10/19(Fri) 05:26 No.387  
「プロメテウス」のDVDとブルーレイの発売日が、2013年の1月9日に決まったみたいです。
DVDには特典が無いですが、ブルーレイには特典があります。
ブルーレイは、2枚組と4枚組があり、2枚組の方は音声解説や未公開シーン集があり、4枚組の方はさらにメイキング・ドキュメンタリーが付くようです。
さらにこの4枚組とエイリアン・シリーズ4作とメイキング集がついた9枚組セットも発売されます。

DVD http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13201
BR(2枚組) http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13191
BR(4枚組) http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13192
BR(9枚組) http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13200

中身はまだ整ってないですが、ウェイランド社の日本版ページもできたみたいです。
http://video.foxjapan.com/release/prometheus/


ハリス・サビデス 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/10/14(Sun) 17:18 No.386  
撮影監督のハリス・サビデスが55歳で亡くなったそうです。
この人は、リドリー作品では「アメリカン・ギャングスター」の撮影を担当しました。
銀残しの渋い色合いで、個人的には大好きな映像でした。
撮影では「ブラックホーク・ダウン」を上回るフィルム使用量で編集は大変だったらしいですが、当の撮影に関わったサビデス本人はもっと大変だったでしょう。
この人のその他の作品としては、ガス・ヴァン・サント監督の「エレファント」や「ミルク」、デビッド・フィンチャー監督の「ゲーム」や「ゾディアック」などがあります。

リドリー関連情報ですが、数年前からリドリーが監督すると噂されていた「モノポリー」と「グッチ」は、どちらも監督じゃなくてプロデューサーとして関わるようです。
「グッチ」の方は、アンジェリーナ・ジョリーではなくてペネロペ・クルス主演の噂も出ています。
過去に挙った監督予定作品の数々は、プロデューサーとして消化していくようです。
そのかわり、最近のインタビューでは「プロメテウス」の続編や「ブレードランナー」の続編の製作に意欲を見せていますが、まだ製作にとりかかれるほど固まってないみたいです。
「プロメテウス」でプリクエルではない前日譚を作ったので、おそらく「ブレードランナー」の続編もシークエルではない続編になるでしょう。
「ブレードランナー」よりも時間的に後で、同じ世界を共有して拡張するようなものだと予想します。


キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/09/29(Sat) 13:00 No.385  
「ザ・カウンセラー」のペネロペ・クルスとキャメロン・ディアスの写真も浮上してきました。

ペネロペ・クルス
http://cdn-public.ladmedia.fr/var/public/storage/images/news/photos/photos-penelope-cruz-elle-se-donne-a-fond-pour-ridley-scott-et-montre-sa-petite-culotte-326641/penelope-cruz-sur-le-tournage-de-the-counselor-a-alicante-le-27-septembre-326653/4344889-1-fre-FR/Penelope-Cruz-sur-le-tournage-de-The-Counselor-a-Alicante-le-27-septembre_portrait_w674.jpg

キャメロン・ディアス
http://www.usmagazine.com/uploads/assets/articles/56306-cameron-diaz-shows-off-legs-booty-in-tight-sexy-dress-on-the-counselor-set/1348611585_camerondiaz-1-467.jpg

リドリー作品はどれも衣装にこだわりが感じられますが、「ザ・カウンセラー」も、登場人物のファッションにそれぞれ個性があって良いですね。
マイケル・ファスベンダー、ブラッド・ピット、ハビエル・バルデム、キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルスというキャスティングがどう絡んでくるか見物です。


ハビエル・バルデム 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/09/23(Sun) 00:19 No.384  
トニー・スコット監督の訃報で一時「ザ・カウンセラー」の製作も中断していましたが、また再開されて順調に進んでいる様です。
撮影中のハビエル・バルデムの写真が出てきました。かなり面白い見た目なので、本編でどうなるか楽しみです。リドリーやファスベンダーの写真もあります。
http://www.justjared.com/2012/09/18/michael-fassbender-javier-bardem-counselor-set/

話変わって「プロメテウス」関連ですが、世界興収は4億ドル超え確実な状態です。良い感じに稼いでいます。
「エイリアン」ではクリーチャーにフェイスハガー、チェストバスター、ビッグチャップなどの通称がありましたが、「プロメテウス」に出てくるクリーチャーにも通称があるので紹介しておきましょう。

・Engineer(エンジニア)・・・創造主と呼ばれるアレ
・Hammerpede(ハンマーピード)・・・開くと"割れ目"がある白くて長いアレ
・Trilobite(トリロバイト)・・・成長すると巨大で凶暴な"割れ目"になるアレ
・Deacon(ディーコン)・・・映画最後に生み出されるアレ
・Juggernaut(ジャガーノート)・・・エンジニアが操縦する宇宙船


チャイルド44、レイキャビック 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/08/29(Wed) 19:52 No.383  
以前からリドリー・スコット監督が「チャイルド44」というソ連を舞台にした小説の映画化をすすめている話が出ていましたが、監督ではなくてプロデューサーとして関わるようです。
ダニエル・エスピノーザというスウェーデン出身の監督にバトンタッチされた模様で、この人は、最近だとデンゼル・ワシントン主演の「デンジャラス・ラン」を監督しています。
冷戦を題材にした「レイキャビック(Reykjavik)」も、プロデューサーとして関わり、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のマイク・ニューエル監督に託されるそうです。マイケル・ダグラス出演の話が出ています。
その他、イギリス人女性ガートルード・ベルの映画化話も出ていましたが、ワーナー・ヘルツォーク監督、ナオミ・ワッツ主演で「Queen of the Desert」という同内容の映画が製作されているので、おそらくリドリー・スコット監督がやることはないでしょう。
色んな製作予定作品の噂が過去に出てきましたが、だんだん整理されてきています。

話は変わって「プロメテウス」になりますが、この間、2D版を見てきました。
見比べると3D版の奥行き感との違いがよく感じられたのですが、2D版でも問題なく観れます。隙のない密度の濃い世界作りは何度見ても飽きさせません。

映画中に出てくる「エンジニア」について、ちょっと思った事を2つ書きます。
一つは、ウィリアム・ブレイクの絵画「ノミの幽霊」です。↓
http://farm4.staticflickr.com/3103/3148953135_88ed5c0b38.jpg
リドリー・スコットはウィリアム・ブレイクの絵が大好きだそうで、この絵は「ハンニバル」の中でも使用されています。「レジェンド」の闇の王のデザインは、ブレイクが描いた魔王の絵にも影響を受けるなど過去に例があり、今回のプロメテウスでも、この絵に少なからずインスパイアされるものがあったんじゃないかなと感じました。

もう一つ感じた事は、小説「ブラッド・メリディアン」のホールデン判事です。
リドリー監督は「ブラッド・メリディアン」を映画化しようとして頓挫した過去がありますが、この作品にはホールデン判事という悪魔的な怪人物がいます。
この人は、「毛が全く無いハゲの大男」という見た目で、実はこのイメージがエンジニアにも投影されてると直感的に感じました。
実は前作の「ロビン・フッド」のゴッドフリーにも(もっとさかのぼれば「ハンニバル」のレクターにも)、リドリー監督がホールデン判事のイメージを投影している気がしたので、おそらくプロメテウスのエンジニアにも投影されているでしょう。


プロメテウス日本公開 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/08/24(Fri) 20:33 No.382  
今日から「プロメテウス」の日本公開開始です。
「ブラックホークダウン・アスキーアート」の「リドリー・スコット」のページの「プロメテウス」の項目にもネタバレ無しで紹介文を書きました。他の作品と比べてちょっと長くなってしまいました。

http://bhdaa.sakura.ne.jp/ridleyscott.html

「プロメテウス」という映画は複数回の鑑賞に堪えられる作品で、様々な解釈を許す作品だと思います。かなり歯ごたえがあるSF映画(というか噛みきれなくて飲み込むのをあきらめる観客もいるでしょう)なので、ブレランばりに長い時間をかけて楽しんでいける映画です。


トニー・スコット亡くなる 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/08/20(Mon) 16:35 No.381  
リドリー・スコット監督の弟であるトニー・スコット監督が、ロサンゼルスで飛び降り自殺をして亡くなったそうです。享年68歳です。
これはかなりショックなニュースです。自殺の理由は分かりませんが、遺書はあったそうです。
リドリーとトニーは大変仲が良い兄弟だったので、リドリー・スコット監督にとってもかなりショックでしょう。
もしかしたら今後の製作活動にも影響が出てくるかもしれません。

ちなみにですが、スコット兄弟を2人兄弟だと思ってる人が多いかもしれませんが、実は3人兄弟です。
リドリーが次男で、トニーが三男なのですが、長男は、リドリーの「エイリアン」〜「ブレードランナー」ぐらいの時期にガンで亡くなりました。
リドリー曰く、兄の死が「ブレードランナー」にも影響を与えているそうです。


プロメテウスの3D先行上映鑑賞 投稿者:BHDAA 投稿日:2012/08/04(Sat) 21:31 No.380  
「プロメテウス」の3D先行上映を観てきました!ネタバレ無しで軽く感想を。

リアルかつ強烈なビジュアルはリドリースコット監督の面目躍如でした。
そのパワーたるや、70代中盤の爺のものとは思えません。
前作の「ロビン・フッド」からよくもまあここまで全く違う世界に切り替えられるもんだと、いつもながら感心します。

やはりというべきか、「エイリアン」のいわゆる「前日譚(プリクエル)」ではありません。「リブート」でも「リメイク」でもありません。
監督本人が言っているように、「エイリアン」のDNAを持った「オリジナル」という方が近いでしょう。
「エイリアン」の謎の異星人船やスペースジョッキーが何なのかが明らかになりますが、直接はつながっていません。推測の助けになります。

「プロメテウス」の作品そのものも、たくさんの謎を確信犯的に投げかけているので、疑問や議論や妄想を大いに刺激します。
というか、もう「釣り師」というべきレベルのネタフリっぷりなので、どっから妄想して語ろうかという状態です。

3Dに関してですが、前に飛び出す系じゃなくて、奥行き深い系です。
音楽に関しては、映画にピッタリあっていたと思います。メインテーマが前に出る系ではなくて、裏方BGM系です。というかリドリー作品の音楽が全般的に裏方BGM系ですが。
役者に関しても良かったです。リドリー作品は主人公が二人いるパターンが多いですが、この作品にも当てはまります。
大抵は男+男パターンですが、今回は男+女パターンです。その他の例としては、「G.I.ジェーン」「プロヴァンスの贈りもの」「ロビン・フッド」でしょうか。

| | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 |

NO: PASS:

1000円以下で美味しいグルメ!

無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/ジゴロウぬいぐるみ
original:KENT